| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

鼻の横をダニに食いつかれてハゲになったBOB!

ダニはげ


以前もなんだか鼻の横がかぶれて、小さなハゲが5つも出来たことがありましたっ!
が、
今回はダニ・・・(汗)


鼻のところは毛が短くて、
ダニの奴、飛び乗ったらすぐ食いつけたね。(怒)
目立つところで、すぐ気がついたので、小さいうちに取れたけど、
薬のタイミングが微妙に切れた・・・?(汗)(汗)

昨日の散歩でいつも行かない先まで行ったら、足にダニが乗っているのを発見して慌ててとった。
まだ食いついていなかったが、注意注意。

*

幸いこのハゲ、
今はきれいに毛が生えてはげはなくなっています♪
ホッ。


以前のでかいハゲができたときの記事。
なかなか笑えるハゲ面 → 5つハゲの犬BOB!?(おいらのお鼻がダサいになっただぞっ!)
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

*(追記)よよのもう一言!

| BOBの健康 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BOBワクチン接種に行くっ!

年に1回獣医さんから「ワクチン接種の時期ですよっ!」とお葉書が来る。

で、ヴァカンス明けの担当医獣医さん、ドクターRに予約を入れていたので、午前中に行ってきた。

今日のボジョレー地方は、冬らしいどんよりの天気で、
お日様は見ていない・・・。(沈)

昨晩から風が結構吹いていて、
地面のジトジトはないものの、寒さが身にしみる。



今朝は、獣医さんに行く前に村役場のお散歩をすることにした。

いつもと違うお散歩コースは、
いつもと違う奴の匂いがして、
BOBさんはまぁー興奮状態で
引っ張る引っ張るっ!

ちゃんと横について歩く教育のされていない田舎物丸出しで、
随分お恥ずかしい散歩をさらけてきた。(汗)

以前がんばったんですが、相方が連れて行くと(ほとんど行かないが)適当にするので、どうしても覚えずギブアップ。
結局今は相方はほとんど散歩に連れて行きませんけどね。(怒)


まぁ言い訳はいいとして、


村役場には水仙の群生があり、
今日はとってもきれいだったのでBOBさんと撮影♪


BOBと水仙


村役場の敷地にはこんな良い場所があるんだよ♪


水仙の間には紫の花が・・・

我が家だと紫はスミレだが・・・


水仙とツルニチソウ


黄色のコンビネーションが最高に好きです♪


この紫の花、学名をVinca minorという。
日本名はヒメツルニチソウだそうだ。
我が家には、これよりも少し大きくて葉が斑入りのツルニチソウがあります。
花咲いてたか?(汗)


日本名は分からないのに、学名は知っている。
実はよよは、英・仏の園芸資格を持っています。(汗)
宝を持ち腐らせています・・・。(汗)(汗)
日本のはないのです・・・!!!

余談でした。(汗)



*



もう少しまったりしようと思ったけど、

予約の時間が近づき獣医さんへGO!


先ずは、体重測定!


!!!


BOBさん昨年より2kgちかくの減量に成功!

ドクターRには、よよが「意図的に減らしたんだよね?」
と、病気で痩せてしまったのではないことを一応確認された。(笑)


安心してください、よよが減量させましたっ!


体格もばっちりだし、足腰への負担も減るとドクターRは満足♪


*


過去に2度ほど肛門腺の炎症を起こしているBOBは、先生にギュギュッとやってもらった。

BOBは緊張して、診察台に跡が付くほど足の裏にベッチョリ汗をかいていた。(笑)

そして、

最後にワクチンを接種!

いいおっさんのくせにちとジタバタした・・・。(笑)


大の注射嫌いで過去にもっとひどいジタバタをしたよよは何もいえなかった・・・(汗)(汗)(汗)


*


今日のアシスタントは、よよとBOBの大好きな若い方のおねぇさん♪


前に診察したワンコが出てくると、お互いジタバタ匂いを嗅ぎたいっ!(笑)

ワンコの飼い主マダムが警戒すると、

アシスタントのおねぇさんが一言、

「このコはとても優しいコだから♪」ってBOBのことをそのマダムに言ってくれた♪

結局、マダムは自分の犬のほうも心配だからと言って
ご挨拶はさせてもらえなかったんだけど、

このアシスタントのおねぇさんの一言が、

昨日のことがあった後だけに、

涙が出るほど嬉しかった。(泣)(泣)(泣)



捨てる神あれば拾う神あり



気持ちが回復したよよでした。


昨日の記事、twitterでも愚痴に付き合ってもらってだいぶ回復傾向にあったので、

もう大丈夫♪♪♪


ありがとう♪



**



そうヴァカンス明けのドクターRの顔は、

すごい雪焼け!!!(笑)

思わず「どこへスキーに行ったのですか?」と質問。(笑)(笑)

ちょっとスキー雑談をして帰ってきました♪


今年のよよはスキーをしていません。


相方は数回行っているのですが、

よよはちと膝を痛めたりしているので行かないっ!と言って、
BOBと家でだらだらしていました。(笑)

でも、
膝を痛めているくせにダンスはやる。
サポータしてもやる。(汗)


何でもいいけど、

よよの奴も減量するだぞっ!(怒) byBOB




えへっ♪   



 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BOBふたたび肛門嚢炎(こうもんのうえん)になるっ!(沈)

エリマキBOB

これは1年半ほど前の写真。

しかし、

今、再びこの状態のBOB・・・。


タイトルのとおり、また、肛門嚢炎(こうもんのうえん)になったのです。


今朝のお散歩は、天気も昨日と同様どんよりで、
特別はしゃぐこともなかったが普通で、うんちもいいのが出ていた。

午後になって、あまり外に出たがらない、

よよがちょっとでも庭に出ようものなら、いつも我先にと、
よよを押しのけて庭に出て行くBOBなのに、

今日は、出てこない。

また腰を痛めたのかと、腰辺りを気をつけていた。


幸い、

食欲はいつもどおりちゃんとあるっ!
おやつもガツガツ食べるっ!

夕ご飯も夜ご飯も終わって、いつもなら、ふかふかや寝床で寝るのに


BOBがいない・・・


どこかと思ったら、キッチンの扉の横で、情けない顔で座っている。


でも、原因が定かでない。


優しくなでていると・・・何か湿っぽい。

シッポのあたりが湿っぽい・・・!?

と、そこでようやく肛門嚢炎(こうもんのうえん)を発見した。


ごめん、早くに気がついてあげれなくて・・・



きれいにして、以前処方された消毒液をつけて、えりまきつけて今晩は様子見。
前回ほどひどくはないので、明日の朝一で獣医さんに電話します。
ちゃんと処置してもらおうね。

*

BOBさんエリマキ邪魔そうですが、どうにか寝床に入りました。


少し痛いになっちゃったね。

ごめんごめん。


前回の記事 → BOB肛門嚢炎(こうもんのうえん)になるっ!(沈)


もう、よよの奴、しっかりおいらの健康管理をするだぞっ!


面目ない・・・(沈)


        ↓  押していくとイイコトあるだぞっ!(たぶん?) ↓
にほんブログ村 犬ブログへ  
 にほんブログ村                人気ブログランキング 
          おいらとよよへの応援かたじけないだぞっ!

 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 07:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BOB肛門嚢炎(こうもんのうえん)になるっ!(沈)

BOBが肛門嚢炎(こうもんのうえん)になりました。

よよBOBの健康管理しっかり出来ていませんでした・・・。(反省)


突然現れたお尻の穴の横の腫れ!
と思っていたのですが、
きっと予兆はあったのに気が付かなかったんだと思う。(沈)
まったくBOBの変化に気が付いていなかった・・・。(沈)(沈)

**

肛門腺絞りは、
犬の飼い主なら誰もが知っている言葉。

BOBのは、何度か挑戦してみたが出たためしがない。
半年ほど前に担当医ドクターRが絞ってくれたが、
それが、6年間ではじめてやった肛門腺絞りだっ!

2月の予防接種の時には溜まっていないといわれた。
なのでBOBは自分で排出できる子なのだ、
さすが野生児!と思っていた。
そうずっと思っていた。
だってやったことないもん。(威張るな?)

しかし、そうでもなかったのか?

そういえばひとつ思い当たることがある。

BOBは時々”臭い”を首の辺りにつけて戻ってくることがある。

庭に猫でも進入して用を足されて、そのウンチにでもスリスリしたのかと、
そのたびにふぅ~としながらBOBの首をゴシゴシ拭いていたのです。

このツゥ~ンとする臭いがなかなか取れない・・・(沈)
もしや、今まで猫のウンチの匂いと思っていたものは、
BOBの分泌物だったのではないだろうか!?

んっ?でもそういえば、症状が現れる数日前に、微妙に同じ匂いを付けていた。
いつもなら首の周りが汚れてすごい臭いを放つのに、微妙な程度だった。

ちゃんと出ていなかったということか?


BOBは肛門の周りがとても汚れやすいので、時々「お尻フキフキ」をしている。
まったくの不定期。

そういえば最近やっていなかった・・・(汗)
あの汚れは分泌物のせいだったのか?
きっと雑菌が入ったのかもしれない。(反省)


症状を確認した日も、腫れていたその日も、治療後も、
BOBはとってもいいうんちをしている。

まさかお尻に何か異常があるなんて・・・・思わなかった。(沈)


**


救急獣医さんに行ったとき、初めてBOBの体温を測った。
熱はなかった。

肛門嚢炎にかかると熱が出るらしいが、そこまでひどくはなっていなかったのか?
でも、腫れたところから分泌物が出ていたほど症状は悪化していた・・・。


**


先ず、BOBが「痛いだぞっ!」と、噛み付かないように口を紐で縛って治療開始。

腫れていてかわいそうだが、肛門腺を絞る!

が、お毛毛が邪魔なようで、


バリカン


バリカンでお尻の毛を刈られたっ!(笑)


これはきっとやられるとよよは思っていた!(笑)


丸見えになったBOBのお尻の患部を、

とにかく絞る!

全部出るまで絞る!

BOBの歯が出る!!

絞りきったら、
高濃度(10%)のBETAMINE(ヨードチンキのようなもの)を患部に注入し洗浄。

これが更に痛いらしく、

キャンと声を絞り出したっ!

そして、

BOBの歯が出る!!

口を塞がれたまま、ウゥ~~ととりあえず唸ってもみる。


よよ必死にBOBを抑えるっ!


*


最後に、抗生物質の注射をして一通りの治療は終了。


そして、


患部を舐めてしまわないようにおしゃれなエリマキを巻かれ、

イケ面獣医
(昨日の写真)


お利口にしていたBOBは先生にとっても褒められてご機嫌?

エリマキBOB
(一昨日の写真)


BOBはこんな状況下で、なぜかいつも見せない笑顔を見せていたっ!?

終わった開放感からか?

BOBは腫れを発見したときも、治療が終わってからも、
ずっと変わることなく、今までどおり元気でいたずら小僧で、食欲もあった。

傷口は心配に値するほど痛そうだったが、
基本、それほど心配はしていなかった。

でも、10kgほどしかない体。
ばい菌も入ったら数倍もでかいよよよりも深刻だ。
これからもっと気をつけます。


***


現在は抗生物質と抗炎症剤(3日間のみ今日終了)を服用して、1日3回の消毒作業を行っております。
消毒作業は毎回作業場所に移動させるのに一苦労です・・・(沈)


*-*
エリマキBOBですが、あんな物が付いているのに、
行動は今までと変わらずジャングルを走り回っているので、
時々木にぶつがってガサガサ音があちらこちらでしています。(汗)
でも、以前と変わらず今を楽しんでいます。(笑)、

エリマキのせいで、ご飯はうまく食べられなくて
「よよ手伝うだぞっ!」とお願いされています。
でも、なぜかお尻に届くらしく、舐めた痕跡がある!
意味ないじゃん!?(汗)


↓押していくとイイコトあるだぞっ!↓(たぶん?)
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 07:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イケ面獣医さん♪

イケ面獣医
イケ面だけど、残念ながら顔は映せないっ。

*

出かけた先で、BOBのお尻に腫れ物が出来ているのを見つけた!

泊まりで出かけるときは常備薬・健康カードは必ず持っていく。
いつも必要がなくてよかったのだが、
今回はそうは行かなかった・・・・

炎症を抑える塗り薬を塗って、とりあえず様子を見ることにした。

が、夜に患部を拭いて消毒していたが、これはちょっと・・・
と思い救急の獣医さんに連絡をした。


そこは一般の獣医さんで分からない病気などのときにも対応できる病院だった。

そして、

対応してくれた若い先生は・・・

イケ面だった♪

それも、ものすごく良い先生だった♪♪♪


先ずは、BOBを診る前に、よよの一通りの話をじっくり聞いた。
それから、BOBを診た。
先入観をなくすためかな?

BOBはちょっと痛い治療をするため、口を紐で縛られた。
一応噛み付かれるのを防止するため。

BOBは一時中断したときに、手でガシガシやって取りました・・・(汗)
もちろんもう一度付けられましたけどね。

傷口に薬がしみて痛かったらしく、紐の間から何度も白い歯が覗いた!(笑)


抗生物質の注射を打って、無事終わった。

最後に、患部を舐めないように、エリマキを巻かれた。

BOBは初エリマキ!

でも、奴は首に何かを付けられることにあまり抵抗しないんです。(笑)
おとなしく付けてもらってましたが、
シッポは股の間にしっかり入っていますね。(笑)

*

イケ面先生は、ものすごく丁寧にいろんなことを説明してくれるので、
よよ今までの疑問をすべてぶつけてみた。
セカンドオピニオンを求めてみたのだ。
だいたいドクターRと近い見解だった。


夜間なのでアシスタントがいないため、よよがBOBを抑えるアシスタントをしたっ!
そのためか?治療費が50%OFFになっていた!!!

夜間の救急治療の割には、目玉が飛び出るような値段ではなかった。

しかし、BETADINE(ヨードチンキみたいなもの)という薬を薬局で購入しなければならないのだが、
土曜の夜の診療なので、日曜日・・・
薬局は休みで、救急薬局へ行かなければ・・・・
じじばばの家から4kmほどの村の薬局が当番店。
2.60ユーロほどの薬に、5.00ユーロの休日代金追加には目玉が飛び出た!(笑)

買って帰ってくると、ばばぁがそれあるのよっ!と・・・
でも、もう古いかもといって出してきた。
なにぃ~~~~~~!!!!!
散々あれもあるこれもあると、何でも必要なものは言ってね♪
と出してきたくせに、何で必要なものを出さないかな?
名前だって聞いていたのに!!!
とりあえず日曜の1日だけでも使えたら、
よよの目玉が飛び出ずに済んだのに・・・(怒)
よくわからん相手だ。(汗)(怒)


基!


BOBは回復に向かっています。
状態がよければ今週末ごろ担当医に診せるようにとのことで、
金曜日にドクターRの所に行ってきます。

詳しい症状のことはまた、覚書に書いておかないとっ。



↓押していくとイイコトあるだぞっ!↓(たぶん?)
ブログランキング・にほんブログ村へ 
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

*(追記)よよのもう一言!

| BOBの健康 | 06:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年に一度のご招待♪ (フランスのワクチン接種システム)

ワクチン招待
くそぉ~、
よよの奴にまためんどくさいことをさせられているだぞっ!(怒) byBOB


BOB的訳:
ワンコ、ニャンコ、フェレットにウサコの飼い主よっ、
おいらたちは、
年一回の健康診断に行く準備が整っただぞっ!


*

BOBさんに、

獣医さんより年一回のご招待状が届きました♪(笑)


ワクチン接種の時期です。


BOBには毎年、年が明けてしばらくすると、こちらの招待状が送られてきます。
産まれて2年目からは、年一回のワクチン接種です。


**


フランスでは、日本とワクチンの接種状況?種類?が違うようなので、
覚書として、
フランス(BOB)ワクチン接種のことを少し書いておきます。

*

以前、日本でのワクチンについて調べていたとき、
日本のワクチン接種の多さに驚いたよよ。

6種だ、9種だと毎年接種しているなんてのも当たり前に目にする。
なんかワクチン漬けな感じがする。

製薬会社と獣医の結託作戦か?(悪意のあるよよの解釈)(汗)

*

さて、ここフランスというか家のくそガキちゃんの事例。

BOBが毎年接種するのは1種のみ、
2年ごと他に4種です。


その他BOBが接種するワクチンに、
ペットホテルなどに預けるときに必要な、
ケンネルコフの予防接種がある。

預ける予定がなければ接種はあえてしない。

今回も一緒に打ってしまおうか?
と獣医さんに言われたが、
預ける必要のない年もあったりしたし、
必要になったら、そのときに打ちに来るといって止めておいた。


と、それくらいである。


毎年9種とは、とにかく多いなぁ!
ある獣医のHPによれれば、
特に9種を打つことを勧めるのは、
BOBのように田舎で土掘って、ネズミ追いかけてのような奴らしい・・・(汗)



*-*-*



BOBの接種ワクチン

BOBが毎年接種するワクチンは、LEPTOSPIROSE (レプトスピラ)である。
レプトスピラは、ネズミなどの自然動物を宿主として媒介する病気で、BOBのジャングルにはネズミはじめいろんな野生動物が生存し、そいつらを狩りして思いっきり遊ぶBOBには必須なワクチンだ!

そして、
2年に一回接種する4種のワクチン。

MALADIE DE CARRE (ジステンバー)
HEPATITE DE RUBARTH (伝染性肝炎)
PARVOVIROSE (パルボウィルス)
PARAINFLUENZA TYPE 2 (パラインフルエンザ)

*

ワクチンではないが、
BOBに処方されている薬に、年3回与えるVERMIFUGE (回虫の薬)がある。
特に野生の環境の中にいるBOBは、リスクが高いのでこれも必須な薬だ。
BOBは裏の畑で死んでいたウサギを盗み食いしたこともありますし・・・(汗)(怒)
ネズミは捕まえても食べないけど・・・、
ジャングルの庭で好き勝手にしている間にどんなことが起こるかわからないので、
これは与えています。
獣医さんからも勧められています。


あ、ちなみに日本で定番のフィラリアの薬は与えていません。
ここにも蚊が出没するようになりましたが、
まだフィラリアは北上しておらず、近隣で症例がないので特別勧められていません。
夏場南仏などに行く場合は飲ませた方がいいとのこと。

もうひとつ大事なノミやダニ除けの薬
これに一応蚊も寄せ付けない効果のものを使用しております。
ノミダニ薬は、リスクの高い時期以外は天然成分の薬で対処しています。


**


語るのを忘れていはいけないワクチン!
狂犬病!!
このワクチン接種、フランスでは強制ではありません!

BOBは、以前イギリスに渡航予定があったので(結局行ってないけど)、パスポートを作るため2回接種をしました。
が、その後はしていない。

獣医さんに確認したら、
国外に出る予定ができたら、その3週間前にもう一度接種すればいいとのこと。
でも、フランスにずっといるのならその必要はない。

日本では、厚生労働省によると、狂犬病は撲滅されているという。
しかし、近隣からの侵入に備えて、ワクチンを打つことを強制しているという・・・?
確かにそれが現れたら死に至る病気なだけに、神経質になるのも分かる。
が、そんなことを言ったら、みんなワクチン漬けにならないといけない。

フランスでは数年前狂犬病の発症例がある。
が、その後も狂犬病ワクチンの強制もないし発症例もない。

もちろん、ペットが海外に渡航することになる場合は狂犬病ワクチンの接種は必須だ。

フランスが正しいとは言わないが、
撲滅されている日本が強制とは、ちょっと理解に苦しむ。
それとも、鶏インフルエンザみたいに渡り鳥とかでも運ばれるんでしょうか?
ああ言えばこう言うよよに言わせると、
現在日本で鳥インフルエンザワクチンを全ての鳥にしているか?
していないだろうに、なぜ撲滅されてる狂犬病なんだ!?
今、日本に入国する動物は検疫もちゃんと行われているし、
BOBが日本に行くとしたら狂犬病の接種をしていくし、ウィルス持ち込まんだろう???

国としては、何かあってからでは対処が大変だから打たせておけなのだろうか?

*

しかし、打たれる側の犬としては、
ワクチン接種をすれば安心ってことばかりではないように思う。
ワクチンも副作用がでたりいろいろあるだろうし・・・。


とりあえず、狂犬病のことは法律なので政府が動かなければいけないが、
その他のワクチンのことは、それぞれの犬の状態や環境等を配慮して、
少し考え直してみてはどうかなと思ったりする。

決してお金をかけないというわけではなく、
本当に必要なものを。


BOBには、ウイルス等の進入に対抗できる免疫力UPのための健康な体作りを一番に考えている。
良質な食事で、体力づくりの運動などを心がけている。
そして、
薬やワクチンはできれば最小限にしたい。

ただ、BOBが健康で長生きしてくれることを願って。

*

飼い主によっていろんな考えがあるので、これが正しいとは言うわけではないけれど・・・。

でも、何かあったときに後悔しないためには、やっぱりありとあらゆるワクチンを打っておけば安心?
でも、それって飼い主の為かなって?

犬の一生は短い、私はBOBに犬らしく生きて欲しいかな?
これも飼い主のエゴなのかもしれないけど・・・。
でも、BOBを守ってあげるのは自分だけだだし・・・。
悩むね。


しかし、
獣医さんで施されるワクチンも、これらだけなのである。


所変わればなんだけど・・・。



・・・まとまらなくなってきた(汗)

終わりにする。(汗)(汗)


↓押していくとイイだぞっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ 
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 07:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5つハゲの犬BOB!?(おいらのお鼻がダサいになっただぞっ!)

話は昨年末にさかのぼり・・・

12月27日:
BOBの鼻の横に小さなポコッを発見したよよ!
とりあえず、常備薬の炎症を抑える薬を塗っておく。


***


gfOVAaZaVsfHF1E1358545674_1358545787.jpg

12月31日:
腫れが大きくなっているっ!
しかし、痛いとかかゆいとかはなさそう!
ただ、薬は嫌がるのでそっと塗る・・・
が、その後BOBが薬を舐めちゃうよっ!
で、慌てておやつを口にっ!


***


E_449gdRMTWYKMa1358545872_1358545990.jpg

1月1日:
前日より腫れが引いて、症状が変わっているので、治っているのかなぁ?と素人判断。


***


JMol6meXThAWdb11358546599_1358546723.jpg

1月2日:
前日と一転、
や・やばい!悪化している感じだっ!
慌てて獣医さんに走る。


幸い担当医のDr.R。
原因ははっきりしませんが、小さな傷から何かの菌が入ったのか、アレルギー反応を起こしているようだとのこと。
年末から、原因不明で、目が赤く腫れてしまった、犬猫が数匹運ばれてきたそうですが、それと同じ系統かなぁ???と、言っていました。
しかし、症状はBOBのほうがだいぶ良いそうです。
それにBOBは目じゃなくてお鼻(の横)ですけどね!

結局、BOBは注射を打たれて、抗炎症作用のあるお薬を15日間服用。
常備薬の塗り薬は引き続き付けるようにと。
でも、そーっとじゃなく、しっかり塗り込んでおけば多少舐めてしまっても大丈夫ということで、
以来よよはギュッギュッとしっかり塗りこんでおります!(笑)

SH8yOzbtJ30GFhc1358547227_1358547301.jpg

哀れBOB、赤いプツが5つ見えますね。

いったいどこでおいたをしていたんでしょう・・・。


***


くそー色男が台無しだぞっ!byBOB


***


aMIER0yHYSgLJTM1358547581_1358547674.jpg

1月7日:
赤い腫れはだいぶ落ち着き、白っぽくなってきた。


***


ls_4Px70B0Rmfct1358547877_1358547966.jpg

1月11日:
かなり落ち着いた状態になってきましたが、


毛・毛がなくなってる!・・・(汗)


4yjHUS0K5gtAZY31358548124_1358548213.jpg


***


Tl5TDDYCt5vO9v71358717836_1358718050.jpg

15日間の薬の服用も終わり、
まだ完治ではありませんが、ハゲになるかと思われた傷口、
少しずつ毛が生えてきております。(黒っぽいところ)
が、5つあったポツポツのところがまだ白い・・・

5つハゲの犬BOBになるのか?(汗)(汗)(汗)


ちょっとダサいお鼻のBOBですが、ずっと食欲もあり元気いっぱいだったのでそれほど心配はしませんでしたが・・・

何はともあれ、とりあえずもう安心です♪
・・・と思う。(汗)


と思うぅ?よよの奴あてにならないだぞっ!byBOB

 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

*(追記)よよのもう一言!

| BOBの健康 | 08:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BOBの耳

お騒がせしたBOBの耳ですが、月曜日の今日、早速獣医さんに行ってきました。

**

これは帰宅後のBOBです♪

kako-WCA8NX4Zh00dkZU3.jpg


村の獣医さんのクリニックは2人の先生がいますが、今日は幸い担当のR先生で、11時に予約が取れました♪

BOBの耳は前日よりも少し腫れが引いてはいたものの、まだ触るとイヤがる。


今日は雨

クリニックに着くとドクターまだ他で診療中で遅れるとのこと。

BOBは体重量って(10.3kg)
よよまたまたついでに量って(??kg)!とりあえず3桁ではないです。(笑)
帰省時よりは少し落ちてるけど、まだまだ・・・(汗)


ドクター到着すると、BOB途端にぶるぶる振るえ出した。
そう、そして、ストレスでフケもでてきた!
(これコジみさんのところのポンタ君(黒犬)がやっぱりおなじようにフケが出ていました。)

すごく優しいドクターなのですが、痛いことも起こっちゃう訳で、やっぱり怖いんだねぇ。

症状と耳血腫ではないかとのよよの勝手な判断も伝えてみた。

とりあえず耳の中をチェック・・・なんだけど、BOBは耳の奥の方を触られるのがキライ!
ってみんなイヤだよね。

で、何度やってもある地点に到達すると、キャンといって頭を振ってしまう・・・

やむを得ず、軽い麻酔をかけることに・・・。

注射をすると、
結構直ぐに、BOBふにゃふにゃしてきた。

でも弱い奴なので、完全じゃないんですね。

ラッパのようなものを耳の奥に突っ込んでチェック!
奥に触るとBOBまだキャンと動いちゃう・・・。

よよも一生懸命抑えて、どうにかドクター診断完了。


耳たぶの一部も打撲のような跡はあるものの血腫では無いそうで、

なんと、

耳の奥の方に、何かが刺さって腫れているとのこと!!!
そのせいで耳たぶの方まで???


外耳炎や内耳炎の症状はなし。

取り除いた後、洗浄して、化膿止めの薬を入れて、覚醒と痛み止めの注射をして処置終了。


トゲのようなものは耳の鼓膜の直ぐ近くまで到達していたようです。

放置していたら、ひどくなってしまっていた。
早く気がついてよかった。
もしよよのバイト終わっていなかったら、気がつかなかったかもしれないし、治療も延び延びになってひどくなっていたかもしれなかった?

*

日曜日の昨日、BOBは隣の家の壁のあたりにネズミが住み着いているらしく、まあかなり長いこと藪の中を狩りしていたんですねぇ。

野生児ゆえのリスクでした・・・。

BOBは診療後ふらふらと、それでも自分で歩きながら診療室を出ました。

**

今日の支払い、約75€。
8000円弱ですかね?

これから化膿止めの薬を1日1回1週間続けなければなりません。
耳の中に液体入れるんです!
耳掃除用の液体も完全拒否だったので、ずっと綿に湿らせて周りを拭いてから、コットンのバトンにも湿らせてちょっと奥の方を掃除しているくらいです。

さて、どうなることやら・・・(汗)

*

車に乗る前に少ししっこをするかなと、思ったら、BOBは駐車場に着くと車の前で動きませんでした。(笑)
扉を開けると、いつもなら飛び乗るところですが、今日は無理(笑)
抱えて座席に乗せると直ぐまあるくなって寝てしまいました。

お疲れBOB♪


kako-qmAVJ8x5a2CeS4eT.jpg

そして、
家に帰ってきてからもやっぱりまだまだ覚醒しきれてません。(笑)
直ぐおねむの体制に入りました。

今日一日はちょっと無理そうです。

明日からお耳によよがお薬入れるんだよぉ~~~!!!
大丈夫かなぁ?


麻酔されちゃったおいらに1票をだぞっ・・・zzz
よよの奴も早く歯医者に行くだぞっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どきっ!

追伸:時々右下のtwitterにBOB普段のいろいろを書いたりしています。気が向いたらチェックしてみてください♪
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 07:00 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ほっかむりBOB♪と耳血腫

日曜日の今日。
午後からBOBの奴が時々耳をパタパタさせているのが気になった。

さて、耳が汚れてるのかな?と思い、急遽耳掃除をすることに。


ということで、「BOBお耳クリンクリン(clean clean)だよっ!」

相変わらずイヤそうだけど、いつも少し抵抗して、後はよよにはかなわないとあきらめて比較的おとなしくしてくれるのだが、今日はなんだかいつもより抵抗が激しいな・・・?

しかし、耳は特別汚れていなかったので、軽く周りを拭いてやった。

ついでだ歯も磨いちゃおうかっ!

ということで歯も磨いたら歯茎から出血。よよゴシゴシやりすぎちゃったのかな?
ゴメンゴメン。

しばらくして、

おやっ、BOBの奴まだ耳をパタパタしている?
まさかダニ?

もう一度チェックすると、なにやら左耳がやけに熱い&厚い!!!

腫れて熱を持っている感じ!

蚊にでも刺されたのか?
でも、かゆいというよりは、触るとなにやら痛がる感じ。

あせった。

とりあえず熱を持っているので冷やした方がいいのかと保冷剤をタオルでくるんで耳に当ててみた。
最初少し嫌がったけど、しばらくするとなんだか目をつぶって眠そう。
気持ちいいらしぃ?

急いでネットチェックをしてみたら、
該当らしき文字発見。

それが、耳血腫
たれ耳の子に多いらしく、外耳炎でカキカキしすぎたり、外傷によって、柔らかい耳の軟骨と皮膚の間に血溜りができてしまうらしい。
ラグビーとかの選手の耳みたいのがそれらしい。

BOBの場合外傷の可能性が高そうだ。
何せやることがワイルドですからっ。
それに、昨日までは何の症状も無かったと思う・・・?

で、耳をパタパタしてしまうと血溜が広がってしまうそうなので、パタパタさせないためにこんなことをしました。

kako-YH10MVkuFBSQPMKt.jpg
締め付けてはいません。

kako-9jXkBxb4G35oZG5a.jpg
この黄色いものは、よよのヘアーバンド兼耳当てです。

しかし、この後、夜の最後の偵察に庭に出したところ、ネズミの匂いでも嗅ぎ付けたんでしょうか、戻ってこないよっ!
仕方が無いので、連れ戻しに行くと、雑木の中をゴソゴソとやっていて、よよのヘアーバンドがベチョベチョドロドロで、もちろんズレてましたよっ。(泣)

ということで、現在はにんにくの入っていたネットを巻かれております。(笑)(笑)(笑)


とりあえず明日朝一で獣医さんに行ってきます。

大した事でありませんように。

よよの奴しっかり管理しろだぞっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あんたももう少し行動慎みなさいっ!

ついでによよもいろいろ今回のバイトで疲れがいろんなところに出てきています。
歯医者とお医者に行かないとだなぁ・・・。(泣)
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 09:30 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

BOB丸出しブラッシング中♪

丸出しブラッシング

お散歩後に、こんな状態でブラッシングされていました!(笑)(笑)(笑)

**

実は、先日BOBはまたダニに刺されました。

薬は付いていましたが、ダニに効く期間はノミより短いらしく、ほぼ終わりでした。

その後、ダニの薬は今付けていません。

ちょっと気になることがあるのです。

*

BOBの首の後ろのあたりをなぜていたときに。はて?BOBの皮ってこんなに硬かったかな?
と思い、周りも触ったのですが、やはり首の後ろ周辺だけ。

首輪のせいかと思ったりしたけれど、それなら首の前の方がこすれる・・・

そこで思ったのがノミダニ薬。

冬の間は使わずに、ハーブの首輪のみで対応していたけれど、春になり、薬をスタートさせた・・・。

ふぅ~。

いったいどういう選択をすればよいのだろうと、悩んだ。

ちょっと調べたら、やはりノミダニの薬によって皮膚の硬化という症状があるという文字が目に付いた。

*

ノミは犬に飛びついてから、全身にたっぷりある毛を掻き分けなければいけないので、直ぐに吸血地点にたどり着けないはず。
ならば、たどり着く前に取り除けばいいのだと思った。
で、お散歩後のブラッシングを念入りにするようになった。
まあ、、ここジャングルのような庭なので、庭に出るたびに必要かも・・・?(汗)

バベシア病などにかかってしまっては困る。
病気の媒介の仕方も、症状の出方も、調べる先々で微妙な違いがある。
そしてここの獣医さんの言うこととも・・・。
悩む。

今は、天然ハーブ成分の首輪や薬で対応して様子を見ようと思っている。


もうひとつの対策は、
地元かかりつけ獣医さんのところで、近隣に病気の発症例がないかも十分チェックする必要がありそうだ。

何が一番BOBのために良いのか、ホント悩むところです・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| BOBの健康 | 06:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |