FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東野圭吾 「幻夜」「容疑者Xの献身」よよの勝手にクリティック!

だいぶ前に、下書きに入れてあって、忘れていたのでちょっと覚書出させてもらいます。

*

東野圭吾のミステリーは、さすがにこんなところにいては本は直ぐに手に入らず読んだことないのですが、
ドラマを結構たくさん見ていて、

現代の松本清張って感じでトリックも巧妙で面白いし、正統派!


だと思っていた。



「幻夜」を見るまでは。

(本を読まずにこんなことを言うのは著者には恐縮だが許せっ!)


この話は最初の部分で興味を引いたが、ドラマの1話の最後のほうで、何かイヤな展開になりそうだと感じ、続きを見る気をなくしてしまった。

でも、やっぱりどうなるのか気になるから、しばらく間をおいてからまた見続けた。


結果、


嫌な話でしたぁ~。


原作はいったいどんななのだろうか?


なんとなく、松本清張の「夜光の階段」を思わせる作風に思えたけれど、
それのような爽快さでも、気持ちの良い終わり方でもなかった。


ここかしこに疑問があって、不満が溜まりやめようと思ったのだが、
最後がどうなるのかが気になって仕方なく?結局見続けた。

それに、途中から新しい人がずんずん絡んでくるので、やはりどうなるのかは気にはなる。
それだけで見続けた。

なんだだぞっ!


*


ドラマにおいて特に気になって仕方のなかった違和感は、

携帯電話を使っているのに、警察はさっさと利用履歴を調べれば探している人物との接点は直ぐ見つかるはずなのに、なぜかしない!!!(汗)

容疑者に監視がついているはずなのに、肝心な時に監視がいない!!!(汗)(汗)

最後は指名手配犯がバイトで事件関係者のパーティー会場に忍び込むなんてありえねぇ~~~!!!


と、今思い出す大きな事だけですがこんな感じ。



挙句の果てに、結末は最悪


とっても嫌な気分が残った話だった。


原作はどうなんだ!
でも、結末があんなでは読みたくもない。

おぉっ!
よよそんなこと言っていいのかだぞっ!


主演女優だが、
深田恭子はせりふが棒読みに感じたのですが、冷血な人だからそうしたんでしょうかねぇ???
それにしてはとてもお粗末に感じた。
ラブシーンも非常にぎこちなく・・・正直笑えたっ。(汗)(汗)


でも、話はいろんなところでいろいろ繋がってくるので、
この人はいったいどういう関係なのかという興味を引いたのだが、
肝心な彼女の過去や、いったいどうやって?がはっきりせず、とっても残念。


原作はホントどうなっているのでしょうか?

でも、こんな結末になるものをやっぱり読みたいとは思わない。(しつこい)

とにかく、登場人物像も、結末も嫌いな話でした。


・・んっ、これってWOWOWってののドラマなんだ・・・・。

そういえば以前もWOWOWのドラマ詰まんないって書いたなぁ。。。(汗)


*


「幻夜」とは打って変わって、


東野圭吾作品の「容疑者Xの献身」これは面白かった。


最後の一ひねりが驚いた!

これ、ガリレオシリーズの話ですが、

ガリレオ、竜馬伝に引き続き主役また福山雅治ですねぇ。
私は第1話で犯人役をやった唐沢寿明とか江口洋介大沢たかおなんかが、ガリレオに適役のような気がするんだけどなぁ・・・?
(いつも勝手なことを言っている。)

で、女刑事役の柴咲コウはちょっとうそ臭い演技+オーバーアクションで浮いていたように思いました。

やっぱここは深津絵里なんかだとかなり締まる!と、よよは思ったりするのですがね・・・。
出演料が違うか?


でも、映画の方では、女刑事出てこなくてもいいような・・・(汗)(汗)


*


話を「容疑者Xの献身」に戻して、

これは準?主役がよかった。(一応ガリレオ主役?)

ALWAYS3丁目の夕日でもよかった堤真一松雪泰子がどちらもとってもよかった♪


悲しいけど、気分の良い終わり方だった。


これは原作読んでみたいかな♪


*


ちょっと他でこの映画について語っているのを読んだ。

原作のもちろん忠実映画化ではないらしく、やはりいろんな部分の解釈の違いや、映画としての見栄えのための?削除、追加がされているようです。
まぁ、映画としての見栄の部分は、私も余分だなと感じたところで、商業映画ならではのいやらしさ?(毒)

その方によると、原作を読んでいても楽しめたとの事。
もちろん解釈の違う部分は気になったそうですが。


以上、「容疑者Xの献身」機会があったら、読んでみたいと思います♪


よよの勝手にクリティック!

話す相手がいないので、ここで一人で覚書に書いているだけです。
お許しを♪


関連記事
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| ひとりごと | 08:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うん、いろいろな

個人的な好みとか、意見とかはあるけど。
でも、よよさんの厳しい意見もマトは外してないと私も思うよ。
原作が良くてもキャスティングと、放送用の台本作家さんや演出が×で、あ~あ!な作品になっていることもありますよね。深田恭子さん柴崎コウさんは…よよさん、その通りまんまな女優さんです。(笑)
私、コメは出してないけど最近DIESELさんの書評とか、結構参考にして(笑)本を選んだりしています。
たくさん読まれているし、観られているし、聴いていらっしゃるなぁって思っています。
東野圭吾さん、日本では人気ありますよね。フランスでは村上春樹さんほど著名ではないのかな?
近年電子書籍も結構普及してきていますから、皆さんタブレットから読書の時代も近いのかもです。
社会人になって携帯電話が必携になった時、こんなに加速度的に幼児からジジババまで一気に普及するなんて思いませんでしたから。これからも予測不能でいろんなものがオンライン化していくのでしょうね。
ショウジキ、アタシ、ツイテイケテマセン(笑)
追記)BOB君、お鼻のハゲはよくなったのかな?
アップされている二枚の写真はきれいなお顔だね。
先日、偶然頃を同じくアップになった、岡山のGちゃんの鼻の頭のカサブタの記事は笑えました~♪

| プレミアムもるつぅ | 2013/03/10 09:30 | URL | ≫ EDIT

お返事だぞっ!

プレミアムもるつぅさんへ
あらっ、ちょっといまいち女優、そんな感じなんだぁ!でもその割には結構出ていますよね。(汗)
私もDIESELとーちゃんの書評からドラマや映画になっているもの結構見ています。
こちらではW村上(春樹&龍)人気が有ります。
電子書籍、といえば。20年ほど前に、会社更生?のようなプログラムを専門会社に依頼してやったとき、何でもアイデアを提出しろというのがあったんです。当時夢のような電子書籍考えて提出したなぁ!それとか、かさに足元まで会ってぬれない奴とか。(汗)(笑)
タブレットは旅行するときに今欲しいなと思い検討中。
そう、Gちゃんの鼻のかさぶたでBOBの鼻を思い出しました。
治りつつあり毛も生えてきているんですが、穴掘りするからまた傷になって完全にはまだ治っていないんです。(泣)

| よよ | 2013/03/11 02:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/1254-7ac14a72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT