PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年に一度のご招待♪ (フランスのワクチン接種システム)

ワクチン招待
くそぉ~、
よよの奴にまためんどくさいことをさせられているだぞっ!(怒) byBOB


BOB的訳:
ワンコ、ニャンコ、フェレットにウサコの飼い主よっ、
おいらたちは、
年一回の健康診断に行く準備が整っただぞっ!


*

BOBさんに、

獣医さんより年一回のご招待状が届きました♪(笑)


ワクチン接種の時期です。


BOBには毎年、年が明けてしばらくすると、こちらの招待状が送られてきます。
産まれて2年目からは、年一回のワクチン接種です。


**


フランスでは、日本とワクチンの接種状況?種類?が違うようなので、
覚書として、
フランス(BOB)ワクチン接種のことを少し書いておきます。

*

以前、日本でのワクチンについて調べていたとき、
日本のワクチン接種の多さに驚いたよよ。

6種だ、9種だと毎年接種しているなんてのも当たり前に目にする。
なんかワクチン漬けな感じがする。

製薬会社と獣医の結託作戦か?(悪意のあるよよの解釈)(汗)

*

さて、ここフランスというか家のくそガキちゃんの事例。

BOBが毎年接種するのは1種のみ、
2年ごと他に4種です。


その他BOBが接種するワクチンに、
ペットホテルなどに預けるときに必要な、
ケンネルコフの予防接種がある。

預ける予定がなければ接種はあえてしない。

今回も一緒に打ってしまおうか?
と獣医さんに言われたが、
預ける必要のない年もあったりしたし、
必要になったら、そのときに打ちに来るといって止めておいた。


と、それくらいである。


毎年9種とは、とにかく多いなぁ!
ある獣医のHPによれれば、
特に9種を打つことを勧めるのは、
BOBのように田舎で土掘って、ネズミ追いかけてのような奴らしい・・・(汗)



*-*-*



BOBの接種ワクチン

BOBが毎年接種するワクチンは、LEPTOSPIROSE (レプトスピラ)である。
レプトスピラは、ネズミなどの自然動物を宿主として媒介する病気で、BOBのジャングルにはネズミはじめいろんな野生動物が生存し、そいつらを狩りして思いっきり遊ぶBOBには必須なワクチンだ!

そして、
2年に一回接種する4種のワクチン。

MALADIE DE CARRE (ジステンバー)
HEPATITE DE RUBARTH (伝染性肝炎)
PARVOVIROSE (パルボウィルス)
PARAINFLUENZA TYPE 2 (パラインフルエンザ)

*

ワクチンではないが、
BOBに処方されている薬に、年3回与えるVERMIFUGE (回虫の薬)がある。
特に野生の環境の中にいるBOBは、リスクが高いのでこれも必須な薬だ。
BOBは裏の畑で死んでいたウサギを盗み食いしたこともありますし・・・(汗)(怒)
ネズミは捕まえても食べないけど・・・、
ジャングルの庭で好き勝手にしている間にどんなことが起こるかわからないので、
これは与えています。
獣医さんからも勧められています。


あ、ちなみに日本で定番のフィラリアの薬は与えていません。
ここにも蚊が出没するようになりましたが、
まだフィラリアは北上しておらず、近隣で症例がないので特別勧められていません。
夏場南仏などに行く場合は飲ませた方がいいとのこと。

もうひとつ大事なノミやダニ除けの薬
これに一応蚊も寄せ付けない効果のものを使用しております。
ノミダニ薬は、リスクの高い時期以外は天然成分の薬で対処しています。


**


語るのを忘れていはいけないワクチン!
狂犬病!!
このワクチン接種、フランスでは強制ではありません!

BOBは、以前イギリスに渡航予定があったので(結局行ってないけど)、パスポートを作るため2回接種をしました。
が、その後はしていない。

獣医さんに確認したら、
国外に出る予定ができたら、その3週間前にもう一度接種すればいいとのこと。
でも、フランスにずっといるのならその必要はない。

日本では、厚生労働省によると、狂犬病は撲滅されているという。
しかし、近隣からの侵入に備えて、ワクチンを打つことを強制しているという・・・?
確かにそれが現れたら死に至る病気なだけに、神経質になるのも分かる。
が、そんなことを言ったら、みんなワクチン漬けにならないといけない。

フランスでは数年前狂犬病の発症例がある。
が、その後も狂犬病ワクチンの強制もないし発症例もない。

もちろん、ペットが海外に渡航することになる場合は狂犬病ワクチンの接種は必須だ。

フランスが正しいとは言わないが、
撲滅されている日本が強制とは、ちょっと理解に苦しむ。
それとも、鶏インフルエンザみたいに渡り鳥とかでも運ばれるんでしょうか?
ああ言えばこう言うよよに言わせると、
現在日本で鳥インフルエンザワクチンを全ての鳥にしているか?
していないだろうに、なぜ撲滅されてる狂犬病なんだ!?
今、日本に入国する動物は検疫もちゃんと行われているし、
BOBが日本に行くとしたら狂犬病の接種をしていくし、ウィルス持ち込まんだろう???

国としては、何かあってからでは対処が大変だから打たせておけなのだろうか?

*

しかし、打たれる側の犬としては、
ワクチン接種をすれば安心ってことばかりではないように思う。
ワクチンも副作用がでたりいろいろあるだろうし・・・。


とりあえず、狂犬病のことは法律なので政府が動かなければいけないが、
その他のワクチンのことは、それぞれの犬の状態や環境等を配慮して、
少し考え直してみてはどうかなと思ったりする。

決してお金をかけないというわけではなく、
本当に必要なものを。


BOBには、ウイルス等の進入に対抗できる免疫力UPのための健康な体作りを一番に考えている。
良質な食事で、体力づくりの運動などを心がけている。
そして、
薬やワクチンはできれば最小限にしたい。

ただ、BOBが健康で長生きしてくれることを願って。

*

飼い主によっていろんな考えがあるので、これが正しいとは言うわけではないけれど・・・。

でも、何かあったときに後悔しないためには、やっぱりありとあらゆるワクチンを打っておけば安心?
でも、それって飼い主の為かなって?

犬の一生は短い、私はBOBに犬らしく生きて欲しいかな?
これも飼い主のエゴなのかもしれないけど・・・。
でも、BOBを守ってあげるのは自分だけだだし・・・。
悩むね。


しかし、
獣医さんで施されるワクチンも、これらだけなのである。


所変わればなんだけど・・・。



・・・まとまらなくなってきた(汗)

終わりにする。(汗)(汗)


↓押していくとイイだぞっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| BOBの健康 | 07:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も多いと思う
うちは6種混合と 狂犬病だよ
川渕を散歩するから
フィラリアも飲ませました

ドッグランに入れる範囲で
いいのだ~

ほんと多すぎと常々思います

| えふ | 2014/02/12 13:24 | URL |

多すぎるよね。市役所の係りの人に聞いたら、御宅が原因で広まったら責任とれる?取れないけど、、、。チクントシタヨ。ホテルに止まると来も住んでいますか?と聞かれるけど、人間にも聞いている?のかな。

| ノーベル賞コウホケンメイゴンサンー | 2014/02/12 13:52 | URL |

私が行ってる動物病院ではワクチンの種類数、選べるようになっていたように思いました。
フィラリアの心配が少ないのは羨ましいです。
私の住んでいるところは竹やぶが多いからか、蚊はとても多いです。夕方、洗濯物を取り入れようと庭に出ると、腹が立つくらい寄ってきます。
うちの犬はアンダーコートがないので蚊にも刺されやすいと思うので予防は必須です。

TVでやっていましたが、ローザンヌで6位に入賞した男の子、「あずさ2号」の狩人のお兄さんの次男さんらしいですよ。

| さんど | 2014/02/12 23:16 | URL |

お返事だぞっ!

えふさんへ
ドッグランにもいろいろ規定があるんだろうね。
確かにみんなに迷惑かけるような人が出てくると嫌だもんね。
難しい問題ですよね。

卑弥呼様へ
役所の人らしい嫌ないい方ですね。
人間の方にも確かに聞いて欲しいですよねっ!
こういうのはやりだしたら霧がないです。(汗)(泣)

さんどさんへ
選べるのはいいですね。
そういえば家の犬は家から出ないからワクチンまったくしないなんて言う極端な人もいて困ったと言うのを見たこともありました。
かわいそうな犬です家からまったくでない何て。良く外が嫌いなこと言うのがいますが、飼い主がそうしてしまってるんだと思います。犬って良く人間の行動見てますからね。
えっ!6位の子かわいい顔してた狩人の・・知らなかった!
狩人はもちろん知っています!(笑)

| BOBとよよ | 2014/02/13 18:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/1516-7a8a55b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT