PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柴犬健太と10代のよよ♪

健太と

これは10代のよよと、母娘旅行に一緒に出かける
MおばちゃんとKちゃんちの健太君です♪

・・・なんかよよのモザイク越しの顔がウルトラマンみたいだ!(汗)

子供のときから犬が飼いたくて仕方のなかったよよ。
室内犬なんて普通ではなかった当時、庭のない実家では犬を飼うことは無理で、
近所のタローのお散歩係をして犬と触れ合っていた。
そんなある日、
Mおばちゃんちで子犬を飼ったので、よく遊びにいっていたのだ♪

こんな写真を撮っていた記憶がよよにはなかったのですが、
実は先日、Mおばちゃんのご主人Yおじさん(よよのメル友)が、
※Yおじさんいわくボケ防止?(笑)でも、楽しい♪
こんな写真があったよと、メールに添付してくれました♪
あちら側では、送ってくれるまでに四苦八苦あったようですが。(笑)

いくら若いよよでも醜い顔はお見せする覚悟がありませんが、
満面の笑みです♪
健太も子犬ならではのいたずら小僧の顔して、まぁかわえぇ♪♪♪

健太は18歳で亡くなりました。
Mおばちゃんが当時よよにかわいがってもらったからと健太の写真を送ってくれました。
今、アルバムのタローの写真の隣に入れています。
18歳ってかなり長生きできたんだなぁ、と思ったけれど、
飼い主にしたら、愛犬の死は何歳だろうが同じ辛さだ。

そんなふうに最後まで愛犬を大切にする飼い主がいる一方、
動物放棄の数は一向に減らないようだ。(怒)

命を大切にする!
人間として最低限の教育だと思うのだが、
すでにこれができていない人が多いのか?

どうしてこうもたくさんの動物が放棄されるのかとため息が出る。

そういう人の中には、命を大切にすることは分かっているのだけれど、
一度引き受けた命への責任というものが欠如しているんだと思う。

正直、自分の子供にも責任を持てない親がいるような世の中、
子供の親になるのも、犬の飼い主になるのも、おままごとじゃないのだから、
そこのところをちゃんと分からないと、親にも、飼い主にもなるべきじゃないと思う。

そこには、
命の大切さ、
命への責任、
そして、
命の心への理解がなければならないとよよは思う。

なんか偉そう・・・(汗)

そのどれかひとつでも欠けている人は放棄する。

「誰かいい人にもらわれてね♪」
なんて昔、漫画でよくあった光景は、なんだかいい人みたいに映っていた。
だからきっとその程度の軽い気持ちで放棄できてしまうのだろう。
でも、そんな人は、無責任な悪人に描かれなければいけないはずなのだ。

ペットブームに沸く日本。
最近良くネットの広告に、
ペットショップに行かなくてもネット上で犬や猫が、買えるよ♪
なんてのをたびたび目にするようになった。
ぬいぐるみじゃないんだよ!(怒)
あれ?動物保護法で禁止されたんじゃなかったのか?

売り手側の利益優先体質も悪質だが、
まず、そんな風にして生き物を買ったりしないことが重要で、
生き物は、買うのではなく飼うということを忘れてもらっては困る。
買ったとしても飼う!(できれば里親)

その、飼うということをよく理解していない大人が多い中、
(ゆえに放棄などが多い)
これから大人になる子供たちへの教育でそこのところをちゃんと教えていくことが重要だと思う。
家庭ではこの買う、育てるもよく分かっていないタイプの大人が含まれる可能性が多いので、
学校などでこのことをもっと取りあげて欲しいなぁと思うよよです。

うっ、つい熱くなってしまった!

懐かしい健太の話から、思わぬ方向に話がいってしまい、
今日のカテゴリーは「動物保護・愛護」になりました。(汗)


よよの奴、命への心の理解があるのなら、
もっと肉の多い餌に替えるだぞっ!
欠如だっ!
byBOB


たわけものっ!
くそ愛してるのにっこのあほ犬!(怒)

おぉっ!

これ、変な顔だよねっ!(笑)


↓押していくとイイコトあるだぞっ!↓(たぶん?)
ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| 動物保護・愛護 | 07:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます♪

楽しそうであったかい写真♪
昔のこんな写真が送られてきたらすっごく嬉しいでしょうね!
私もネット販売は禁止されたと思ってたけど???
殺処分は少しずつ減ってきているようですが
捨てる飼い主は減ってない気がします
今 知り合いの家で
エサだけやっている半野良の猫が
子猫を産んで困ってるそうです
もらい手がつかなかったら・・・って言うんですよ!
そんな事しないでくれって頼んでるんですが・・・

| KEIKOPY | 2014/06/05 07:31 | URL | ≫ EDIT

KEIKOPYさんへ
そうですかぁ。
この系の話はちょっと火がつくと燃えちゃいます。(笑)(汗)
知り合いの方・・・いつもこのタイプの方に思うことは、餌あげるなら避妊手術してあげて!とよよは繁殖後のもっと困った事態を嘆きます。

| よよ | 2014/06/05 15:30 | URL | ≫ EDIT

よよさんの熱い思いに共感しつつ私も熱く読んでたら
最後の「たわけもの!」で一気に脱力しました(笑)
BOBさんの主張も分かりますが、愛されていることが
大事ですわよね。
動物保護はイタチごっこの如く、捨てる者あれば拾う者あり
というのが現状でしょうか。オランダではルーマニアや
ギリシャがら助け出された犬の譲渡も頻繁に行われています。
ブリーダーから純血種を迎える人も多いですが、私の周囲には
こうして外国からやってきたワンコを迎えてる人も結構います。
うちのコ、実はフランス生まれなんですよ〜♫ どういう経緯で
オランダにやってきたのか不明ですが(汗)

柴犬健太くん、さぞかわいらしかったことでしょう〜。
柴犬見るとホッとするのは日本人だから..?(笑) こういうお顔の
ワンコ好きです。

| ぴぃ | 2014/06/06 00:26 | URL | ≫ EDIT

ぴぃさんへ
基本アホなのですが、この関係のことは熱くなってしまいます。
そうですかっ!オランダでは他国からの放棄犬も受け入れているのですかっ!フランスは自国のことで精一杯じゃ?ここでも放棄が絶えません。もうじき夏休みになると特に増えるんです。(沈)
ぴぃさんち子BOBと同じ出身ですかっ!見せてもらいましたよ♪ちょっと一言を入れようと試みたのですが、アメーバどうしてもだめでした。(沈)
柴や秋田見ると懐かしくなりますっ!(泣)最近ここでも良く見かけるようになったんですよ。同じ日本ですから超親近感です♪

| よよ | 2014/06/06 07:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/1658-ca967688

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT