FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画「HATCHI」を観た!

元日の夜、
TVで、日本のハチ公の話を元にアメリカで製作された映画 「HATCHI」 が放送されていたので観てみることにした。



(注意) ここから先は勝手な感想です。
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 


***


よよ、基本的に痛いこと悲しいことになるのは耐えられないので、
ハチ公の話はどうしたものか・・・と悩んだが、結局観てみた。


ここから先、よよがちょっと毒づくので、
BOBとBOBの最初の友達で今年の干支の羊さんとのツーショットをごらんください。



羊さんとBOB3
羊さんは、ずっと柵越しでしたが、チビBOBにお母さんのような優しさでいつも接してくれていました♪


**


ということで、「HATCHI」

なんとなくちんけな構成だったが、
とにかく秋田犬のHATCHIがかわいかった♪

しかし、
子犬のときの犬がどうしても柴犬に見えたんだけど・・・気のせいかな?

まぁそれはよしとして。

前半は、犬と飼い主である教授の関係が、結構アッサリ描かれていた。
この部分も、とにかく犬がかわいい♪
しかし、
教授が亡くなるとハチの教授への執着の強さに、家族は好きにしなさいとハチを開放するっ!!
それが、善人のような描写なのに疑問っ!


それって動物放棄と言わないか?


実際のハチ公の場合は、同じようなことがあったにしろ戦前の話、
しかし、この映画の設定は現代だっ!(汗)(悩)

アメリカのほうが動物愛護の考え方は日本より上だと思っていたけどなぁ・・・?


HATCHIの最後の描写がなかったのは幸い。

しかし、

最初の部分で、一人の子供が学校でHATCHIのことを語りだす、
それが、
このストーリーを話した後で、

「HATCHIは僕にとってのヒーローだ!」といって締めくくるのだが・・・


ヒーロー?


それはちょっとおかしくないだろうか?


犬は、飼い主に対してこれほど”忠実で愛おしい”生き物であるという解釈にはならないだろうか?

よよ的には、

「どうか大切に最後まで育ててください。」というメッセージにして終わって欲しかった。

せっかくの
ハチ公の、犬の良さと愛おしさを象徴するストーリーに、ヒーローはないだろう!?

とにかく、悲しく終わらなかったのは良かったが、
なんともちんけな感じに思えてしまった。


あと、
日本犬っていいなぁって改めて思った。

あっ、もちろんめちゃくちゃ洋犬雑種のBOBもいいよ♪(汗)

*

フランスでも数年前から、柴犬秋田犬が人気なんだけど、この映画で日本犬のかわいさが伝わったせいなのだろうか?


いずれにしても、

とにかく犬を飼ったら最後まで面倒をみて欲しいと、切に願うのですっ!



↓押していくとイイコトあるだぞっ!↓(たぶん?)
にほんブログ村 犬ブログへ 
 にほんブログ村         人気ブログランキング


以前、北野武監督が、金を払わないで映画を観て酷評するな!というような製作者サイドの意見をいっていたことがあったが、まぁ、確かにそうだとは思うが、言いたいことは、発言の自由を発動して、言わせてもらうことにした。(汗)
でっ、ここで発言しておくことで発散しております。(汗)(汗)
何の影響もないでしょう。(汗)


2015年初毒でした。(汗)(汗)

関連記事

| 動物保護・愛護 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/01/06 06:05 | |

v-83さんへ
略!了解(笑)
うんっ、ちょっと残念だったよ。まぁ、アメリカンってことで・・・
デザイナー?だったの?にしてもお粗末。
昔、漫画・・・生徒諸君という漫画で山岳部の大学生が遭難して、遭難事故はその捜索費用が高額で遭難者もちになるって言う記述があってね。たぶん本当に高いんじゃないかと・・・もっと広く一般に知らせるべきだと思ったのだよ。
・・・BOBのリンゴ泥棒再発です。(汗)

| よよ | 2015/01/07 07:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/1881-a11689f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT