PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヴァカンス中に見かけたフランス保健所の車

保健所車


ヴァカンスの途中、目の前を犬猫捕獲専用の保健所の車が通り過ぎた。

初めてこの種の車を見た。
フランスは中南西部LOT県のお役所の車だと思う。
この時期は特に忙しいのだ。

日本より動物愛護の進んでいる国ではあるが、もちろんそうでない奴らもいるわけで、
長期ヴァカンスに出かける夏は放棄する人が後を絶たない。
その反面、
8日ほどのヴァカンスの間、本当にたくさんのワンコ連れの人たちに出会った。
かなり多くの宿泊施設が、犬連れOK(有料・無料)なのだ。
そして、DORDOGNE地方においては、いろんな博物館も犬OKなところが多く、
とてもワンコに優しい地方だと驚いた!
ゆえにワンコにたくさん出会えたのだろう。

確かに、犬を連れているといろいろ不便なことはある。
でも、子供連れの不便さと種類は違えども同じくらいだろう?と思う。

実は、
移動中に2匹の「もしかしたら放棄犬?」という子たちに出会った。
道に突然出てきた雑種犬。
農家の近くなので家の周りを自由にさせているのか?
後ろ髪をひかれつつ、下手に遠くに連れて行かないことを選んだが、
どちらも首輪、一匹はリード?というか紐が付いていた。
ただただ事故にあいませんようにと願った。

この車は、そういった犬猫を捕獲し、SPAという全国区の動物保護団体に連れていかれ、そこで保護を受けるのだと思う。
幸い日本のような安易な殺処分はない。

日本も多くの個人や団体が保護活動を行っている。
フランスのように1団体が全国を網羅し、警察とも連携ができているシステムができるといいのになぁといつも思う。
それには統一した価値観が必要になる。

日本の保護団体でいくつか避妊をせずに譲渡をしているところがある。
どうか、世の中に保護しなければいけない犬猫があふれている事実を考慮し、
助けなければいけない命を増やさないためにも、必ず避妊手術をしてから引き渡しをお願いしたい。
フランスでは必ずそうしています。
行動の自由な猫に関しては避妊に去勢も実施です。

ヴァカンスのシーズンがやってくるたび、動物保護・愛護を強く思うのです。
関連記事
 ***
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 
 ***

| 動物保護・愛護 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/2521-cba067f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT