PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫の愛護の仕方・・・

今回のヴァカンスの途中で普段以上に目にしたことがある。


それは、



野良猫の餌やり場


野良猫餌


私はこういうことをする人を偽善者だと思っている。


そのことで、さらに野良として生きる猫(本来保護しなければならない猫)が増えてしまうからっ!


猫にしたら、家猫が幸せかと言ったら、それはわからない。
人間のエゴかもしれないが、
猫さんが好き勝手に行動し、好きなだけ子供を産んで増やしていくことは、申し訳ないが好ましいことではないと思う。
だって、生きていくには食料を調達しなければならないが、人間社会の中では、こういう偽善者のお慰みだったり、後は、♪お魚くわえたどら猫♪的なことをするしかないのだ。
それは人間社会で歓迎されないだろう。


この家の人は、壁にBrigitte BARDOT(以前も書いたことがあるが、フランスの女優で動物愛護の第一人者)のポスターを貼っている。

彼女の意思を尊重して、私は野良猫にご飯やっている!とでも言いたいのだろうか?

でも、彼女はこの無責任な行動に共感するのだろうか・・・?


餌をやるより、獣医に連れていき避妊去勢をさせてほしいっ!


と、こういう場面を見るたびに思うのです。


もちろん、この家の周りには野良猫が何匹もたむろしていた。


野良猫餌2



動物には何の罪もない。

これらの猫が不幸か?と言ったらわからない。

ご飯も食べられ、寝床も好きなように使えるし、ましてや自由。

でも、

幸せか?と言ったらそれもわからない。


*


人間社会で生きていくのにはやはりこの状況はダメだっ。

せめて、

動物愛護を心がけるのなら、
避妊去勢手術を施す努力をしてほしい。

間違った動物愛護がこれ以上はびこらないことを願うばかりです。


*


ちょうど、共感の持てる猫の保護活動をしている団体について
ゴンちゃんのところでブログをUPしていたので、よかったらそちらも。

ゴン太郎先生 「Tシャツをいただきました」


人間によって放棄されたり、無計画な繁殖され保護をしなければならない動物が増えないためにも、

日本で保護団体を運営しているところには最低限保護動物の避妊を切に願うばかりです。


関連記事
!おいらも不人気参加中!
↓応援してくれたら嬉しいだぞっ!byBOB↓

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| 動物保護・愛護 | 08:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yoyobob.blog111.fc2.com/tb.php/2530-e6895468

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT